ニュースタイトルイメージ
ホームサーチは
おひとりさまの
老後のお悩み

まとめて
解決いたします。
ホームサーチは
おひとりさまの老後の
お悩み
をまとめて
解決いたします。
ブログ
タイトル罫線
2024年7月6日

自宅で亡くなる独居高齢者が約6万8000人に

おひとりさま高齢者支援事業スタッフのAです。

警察庁は、自宅で亡くなる1人暮らしの高齢者が、今年推計でおよそ6万8000人に達する可能性があることを明らかにしました。

1人暮らしの高齢者が増加する中、政府は看取られることなく病気などで死亡する「孤独死」や「孤立死」が増えることを懸念しています。
5月13日の衆議院決算行政監視委員会の分科会で、警察庁は今年1月から3月までに自宅で亡くなった1人暮らしの65歳以上の高齢者が、(把握しているだけで)1万7000人余りあり、年間では推計でおよそ6万8000人に上る可能性があることを報告しました。

孤独・孤立対策を担当する内閣府などは、今回の推計値を踏まえ、「孤独死」や「孤立死」に該当するケースがどの程度あるのか実態把握を進める予定です。

高齢者の孤独死や孤立死が増えることは、非常に悲しい現実です。
社会全体で支え合いの仕組みを強化し、具体的なサポート体制やコミュニティの構築を行い、孤独を感じさせない環境作りが急務です。

▶『当社のおひとりさま支援について』








Contact us

タイトル罫線

まずはお気軽にお問い合わせください

PC用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー