ニュースタイトルイメージ
ホームサーチは
おひとりさまの
老後のお悩み

まとめて
解決いたします。
ホームサーチは
おひとりさまの老後の
お悩み
をまとめて
解決いたします。
ブログ
タイトル罫線
2024年6月1日

完結!介護施設の種類と選び方・・・その5

おひとりさま高齢者支援事業スタッフのAです。

老人ホームや介護施設は、その運営主体や目的、入居条件によって多様な形態に分かれています。
より良い施設を選択するためにも、それぞれの特徴をよく理解していただくことが大切です。
今回は、「自立状態の方対象・公共型介護施設」について、下記2つの施設をご紹介します。

・経費老人ホーム
経費老人ホームは、自立した生活を送ることができる高齢者のための住居です。
この種の施設は、生活の自由度が高く、入居者は自分の部屋で私生活を楽しむことができます。
しかし、必要に応じて医療支援や日常生活のサポートを受けることが可能です。
経費老人ホームの最大の特徴は、個人のプライバシーが尊重される点にあります。
さらに、様々なレクリエーション活動や交流イベントが定期的に開催され、社会的なつながりを保つ機会も豊富にあります。

・ケアハウス
ケアハウスは、自立支援が必要な高齢者に対して、日常生活のサポートや健康管理を提供する施設です。
ケアハウスでは、入居者一人ひとりのニーズに合わせたサポートが行われ、食事や清掃、洗濯などの日常的なサービスが提供されます。
また、看護スタッフや介護スタッフが常駐しており、健康状態のモニタリングや必要に応じた医療サポートを受けることができます。
ケアハウスは、安心して暮らせる環境を提供し、家族も安心して頼ることができる施設です。

経費老人ホームとケアハウスは、それぞれが高齢者に対して異なるニーズを満たす重要な役割を持っています。
経費老人ホームは、自立した生活を望む高齢者にとって理想的な選択肢であり、プライバシーの尊重と社会的交流のバランスが魅力です。
一方、ケアハウスは、より手厚いサポートが必要な高齢者に安心と安全を提供する重要な施設です。

両施設ともに、高齢者が尊厳を持って快適に過ごすためのサポートを提供している点が非常に印象的です。
高齢化社会が進む中、こうした施設の役割はますます重要になります。
特におひとりさま高齢者が社会と交流を持ちながら健やかに暮らせるよう、住まいの選択肢がさらに充実することを期待しています。

▼詳しくはこちらをご覧ください
『ホームサーチの施設紹介について』








Contact us

タイトル罫線

まずはお気軽にお問い合わせください

PC用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー